株初心者には分配金のプロフィットが非課税なNISA

株初心者の人に適していますのが少額投資非課税制度NISAです。
ビジネスの世界では利益のことをプロフィットと言います。
投資によって得た配当金や分配金、手放した時の売却益などの利益はそのままそっくり自分のものになるわけではありませんで、実は税金がかかります。
現在は復興特別所得税もありますが、それを除きまして20%の税率です。

このような税金が引かれること自体、株初心者の人は事前に知らなかったという人も多いのですが、やはりこれはかなりの額です。
そこで現在では年間120万円という範囲内で利益が非課税になる制度ができていまして、それがNISAです。
これはあくまで少額投資での特例ですので限度額があるわけですが、株初心者の人にとりましてはそれによってお金を使いすぎるリスクがなくて済みます。

また一年単位の制限があることで事前に計画を立てて投資するようになりますし、きわめて効果的な制度と言うことができます。
なお、年間の限度額を少なくして逆にその分長期に非課税にできる制度も現在検討されています。
今のNISAは最長5年間の非課税と決まっていますが、その期間が延長されますとさらにじっくりと株を保有して資産形成に生かしていけるようになります。

さてこのNISAという制度を利用するには専用の口座を開いている必要があります。
またこの開設時に証券会社から税務署へ確認の作業があることも特徴です。
NISAは1人1口座と決まっていまして口座開設時にその確認を経なくてはなりませんで、その確認をするのが税務署だからです。
証券会社に確認書が交付されるまでに一か月前後かかることも考えられますので、NISAで投資してみようかと考えた時は早めに申し込んでおくのが安心です。